買取

ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート1908年 買取

エコランド買取情報ブログです。

今回はヨーロッパの磁器の中でも希少価値の高い1908年 初年度版 ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 「マドンナとこども」の買い取り情報ご紹介です。

ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート1908年

陶磁器に詳しい方なら定番とも言えるロイヤルコペンハーゲン...長い伝統の中で「真に良いものしか生み出さない」というポリシーを現在まで失うことなく、格調のある芸術的な作品を作り続け、世界中の王室や上流階級から絶大な信頼を集めてきました。

このブランドは1775年、王室使用と親交のある各国の王室への贈り物を製作することを目的に「王立デンマーク磁器製作所」として設立されています。1908年から毎年クリスマスの時期になると、「イヤープレート」と呼ばれる、キリスト教やコペンハーゲンの町や港をモチーフとしたコペンハーゲンブルーの磁器を作成販売(ここ数年はセピアやグリーンなどもありますが)することで有名です。またこの時使った型は、販売と共に毎年壊されるため、100年以上経った現在でも同じ型がないことでもよく知られています。

1908年の初年度版は数が少ないことや、キリスト教をモチーフとした美術的価値でも認められたイヤープレートの中でも一番の逸品です。なかなか市場に出回っているものではなく、日本国内でどれほどの数があるのか分かりませんが...

弊社エコランドでは、、この1908年 初年度版 ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 「マドンナとこども」の高価買い取り実施中でございます!

この美術品とも言える磁器の価値が分かり、高価買い取り出来る宅配買い取り業者はなかなかございません。お電話一本で全国どこからでも無料見積り、無料査定をさせていただきます。

宅配買い取りの際には、直径16cmなのでゆうパックで大丈夫だと思いますが、新聞紙やプチプチ、ダンボールなどでしっかり梱包すること、また、取り扱い注意であることを郵便局やお近くのコンビニなどで説明して下さい。輸送時の割れ等あってはなりません。詳しくは弊社にお電話の際に担当者にしっかり聞いてください。なお送料は弊社で受け持ちますので着払い指定でお願いします。

なお、その他の年のロイヤルコペンハーゲン イヤープレート、特に希少価値の高い1936年~1945年、1951年の高価買い取りも実施中です。もしあなたの家にあって、売りたい、と思うのであれば弊社におまかせ下さい。

高級陶磁器の高価買い取りもエコランドにおまかせ下さい。お電話、お待ちしております。
Copyright (C) (株)エコランド livedoorブログ. All Rights Reserved.